キャバドレス

最初のキャバドレスは自分で買うべき

ドットのドレス

「初めてだし、体験で終わるかもしれないから貸衣装のある店を選んでとりあえずそれでしばらくやってみよう」「安くてもいいからとりあえず一着はドレスを買っておこう」。未経験の方が始めて入店する際、こういった悩みはつきものではないでしょうか。今回は、貸衣装にするか思い切って最初の一着は自分で買ってみるべきか、を考えていきたいと思います。
結論から言うと、キャバドレスは貸衣装に頼らずに自分で一着は買っておいた方がいいです。貸衣装はお金もかからず経済的なのですが、そのドレスは自分が着る以前にも誰かが何度も着ています。そういうドレスはデザインが古くダサかったり、生地が傷んでいたりしていることが多いのです。また、貸衣装をきっちりと揃えているお店はほとんどないので、はじめから貸衣装に期待して入店するのはおすすめできません。
また、やはり入店の時から貸衣装をあてにして入ってくる新人を、先輩の方たちはあまりよく思いません。やはり入店前から自分で衣装を用意して入ってくる人の方が、ほかの従業員の方たちへの印象もよくなります。いかに自分の見た目を良くしてお客さんに選んでもらえるかが水商売の基本なので、そこでいきなり貸衣装でやり過ごすのは意識が低いといえます。
やはり、これから自分を売り出さなければならない世界に飛び込もうというときには、自分で気に入った衣装を用意しておくことが望ましいでしょう。